放射能 検査方法

野菜、魚介類などの放射能(放射性物質)検査方法

野菜、魚介類、牛乳、肉類など食材全般に渡って今放射能(放射性物質)検査が行われているのはみなさんもご存知の通りです。

 

しかし、放射能(放射性物質)検査といってもどのような方法で行われいているか分かりませんよね。

 

 

 

放射能(放射性物質)検査方法に関してはこちらの緊急時における食品の放射能測定マニュアルに書いてあります。

 

それでも内容量が多く、記載も堅苦しい言葉ばかりなのでイマイチわからないです。。。

 

では実際に検査を行っているところを例にとってみましょう。

 

放射能(放射性物質)検査方法を公開しているところは意外と少なかったりするのですが(おそらくしっかりと検査はしていない)、ネット注文で野菜を宅配してくれるおいしっくすは放射能(放射性物質)検査方法を公開していたので参考までにどうぞ。

 

<h1>放射能 検査方法</h1>

 

1.スクリーニング検査

 

2.確認検査

 

3.核種同定

 

の最大3回の放射能(放射性物質)検査があるそうです。

 

こういった検査方法を公開しているところは安心して野菜を購入できますよね。

 

おいしっくすは九州など西日本産の野菜も多数扱っているので、放射能に対する心配がある方はおいしっくすで野菜を購入してみるとよいでしょう。

 

安全野菜宅配サービス おいしっくす

 

・最大3段階にもわたる放射能精密検査をしたのち、食材を出荷

 

・宅配サービスなので買い物に行く手間が省けて楽チン

 

・定期コースに申し込んで商品を頼むと送料無料〜170円

 

・九州、四国産など放射能被害の少ない地域で採れた野菜を多く販売

 

放射能検査の工程

 

他にはない、計3回の精密放射能検査

 

放射能検査

 

入会費・年会費 完全無料 (サービス元によっては5000円以上もかかるところがあるので格安)
送料 無料〜170円(定期宅配コースに申し込んだ方の特権)
鮮度・味

入会費・年会費 完全無料 (サービス元によっては5000円以上もかかるところがあるので格安)

バナー